読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私はすこしおしゃべり

ことばじゃなくて 態度でもなくて 心の奥 わかりたい

Twice in a Lifetime.

忘れもしない2011年4月10日(日)、中野サンプラザで行われたももいろクローバーのライブを0列から観ていた。早見あかりが脱退するそのラストステージを最前で観たいがために、決して安くない金額を積んで入った覚えがある。入札ボタンを押す時に自分に言い聞かせていた「中野に来ることはあっても、こんな席で観ることはもうないだろうし」という言い訳はある意味では結果的に嘘になった。
2017年3月26日(日)、中野サンプラザで行われた東京パフォーマンスドールのライブを0列で観ていた。ただし、今度はヤフオク頼みではなくアラサーの運命力で引いた0列で。アラサーの運命力は確かにある。良席だったことによる影響がどれくらいあるのかなんてきちんと切り分けられないに決まっているのだけれど、この日のライブはもう本当に最高パフォーマンスドールって感じで、「こういう感想が自然に出て来るようなライブばっかり観られたら幸せなのに」と思ってしまうくらいに楽しかった。

ちなみに上のつぶやき文中の「聴きたかった曲」はダイヤモンドは傷つかない、The Perfect Day、夢を、気持ちはINGなどなど。以下、後から楽しさを思い返す上で頼りになる予定のメモ書き。

  • (00)なんか謎のVTR
    • いつものチャラDJの人(?)が何か喋ってたけどよくわからなかった。多分ここが十字軍の聖地だみたいなことを喋っていたのでは。
  • (01)Stay Gold
    • 晏夕ちゃんがステージに立って歌って踊っているだけでときめきが加速してしまう。1ヶ月の不在は自分にとって大きかったんだなぁということをしみじみ思ってしまった。
  • (02)La La Flags!
    • 「ブラスが使われてる曲は大体いい曲」「小林晏夕さんが魔法をかける曲は大体いい曲」のご多分に漏れずいい曲。
  • (03)BRAND NEW STORY
  • (04)DREAM TRIGGER
    • この辺で「シングルA面曲が着々と片付いていく! 今日は幸先いいぞ!!」と思ってしまった。
  • (05)It's Up To Me
    • 自分では光る棒持たない派とはいえ、照明落ちてメンバーが光る棒でパフォーマンスするのを観るのは嫌いじゃない。なので、せめて冒頭くらいは客が光らせない方が素敵なのではと毎度思っている。
  • (06)Darlin'
  • (07)predawn
    • (友人曰く)「太鼓とドラム缶を叩いて孤独なPEOPLEを呼び寄せよう!」のコーナー。やや謎。星来さんがらこちゃんと執拗にアイコンタクトするのが面白かった。
  • (08)PEOPLE
    • ブラスが使われてるいい曲。ここからしばらくいい曲ばっかりなので最高だった。好きな人がいい曲を歌って踊るの、シンプルに最高じゃないですか?
  • (09)FIRE -Rearranged ver.-
    • ジュリアナテクノだー! 踊れー!! 体中の血液が沸騰する。
  • (10)FREEDOM
    • 大文字FREEDOMゎ神。アルバムに入ってないの本当困る。間奏で一人ずつズレながらポーズ取る時の晏夕ちゃんがいかにも晏夕ちゃんっぽいポーズなのが好き。
  • (11)SLASH DANCE -Rearranged ver.-
    • FREEDOMの後に来るべき楽曲ランキング1位のDREAM TRIGGERは既にやっちゃってるし何が来るんだろうと思っていたらSLASH DANCE! 「廃墟に浮かぶ月を見て」の振りが可愛い。ツーバス地帯はヘドバンじゃろ(東京都、30歳男性、軽音部出身)。
  • (12)playground
  • (13)CATCH!! -Rearranged ver.-
    • 「新しい黒xピンクだ! バーレスク東京だ!!」って気分で観ていた(よくよく考えるとさほどバーレスク東京ではなかった)。PLAYxLIVE 1x0で初披露された時から椅子を使った妖艶な振付が魅力だったので正当なアップデートという感じ。セットの存在価値を実感した回。
  • (14)RUBY CHASE -Rearranged ver.-
    • 晏夕ちゃんソロ曲、来るとしたらSwimmyかと思っていたらまさかのRUBY CHASE(100%のソロ曲ではないけれど)。格好良さと可愛さを自在に操る小林晏夕さんの"CITY LIGHT!"を聴いて好きにならない理由がないのでは?
  • (15)Linger
    • みんながバラバラな服装なのでキミはボーイフレンドかと思いきや菜七ちゃん香帆ちゃんのLinger。難しい曲。ボーカル以外の面々もリズムに合わせて演技していて芸が細かいと思った。
  • (16)Raining
    • しっとりした空気を受けてのRainingはいい流れだった。しみじみ系いい曲。傘が壊れていなくてよかった。
  • (17)WINDOW
    • 枠を使った前衛的なパフォーマンス。題名が安直なのではと思うけどここからLost~に繋がるのは1x0っぽくて好き。
  • (18)Lost Without You
    • 「アンサンブルだ! PLAYxLIVE 1x0だ!!」って気分で観ていた。「始まったばかり これからもよろしくね」という歌詞を聴く度に2013年8月のことを思い出す。3年半くらい経ったって言われても全然実感が湧かないし、始まったばかりだと思ってしまう。本当はそんなことないのに。
  • (19)In The Wonderland
    • セットのフレームが扉みたいに開く場面でライブDVD/BDを思い出した。折角WINDOWで枠を使ったんだから枠あかりさんも観たかった。上西Ray来さんの顔面力は凄い(カフェで流れていた映像にもバッチリ収まっていて笑った)。中野の感想じゃないけどイントロからAメロにかけて4拍全部クラップするの本当に謎。
  • (20)MY UNIVERSE
    • 「1x0 MIXなら次はSecret Garden? 久々に蓄光性のチュール巻きスカートひらひらが観られる!?」と思っていたらMY UNIVERSE。サビ後のステップが好き(伝わらない表現)。
  • (21)恋しさと せつなさと 心強さと -Rearranged ver.-
    • アルバムで聴くようになってから良さがよりわかるようになった1曲。最初はアウトロ長いと思っていたけど、今ではむしろあの長さが恋しい(最近縮められがちでつらたん)。
  • (22)Stay Gold(cont'd)
    • 「またStay Gold!?」と思ったけどよくよく考えたら最初はサクッとLa La Flags!に移行していたのか。
  • (23)TIME
  • (24)BE BORN -Rearranged ver.-
    • 例のextendedなイントロをバックにレーザーを使った演出が始まった瞬間に声を上げてしまったし心拍数もガン上がってしまった。ライブDVD/BDで予習して初めてTPD現場に足を運んだファンがあれを観たらきっと感動するだろうと思う。
  • (25)東京ハッカーズ・ナイトグルーヴ -Rearranged ver.-
  • (26)逆光x礼賛
    • ギャッコラもアルバムで聴くうちにだんだん好きになってきた。大バコで聴くと特に楽しい。
  • (27)SURVIVAL!!
  • (28)HEART WAVES
  • (29)純愛カオス
  • (30)ナガレボシ
    • 実質ENDLESS YOUTH、最高。中指と人差し指、どっちから立て始まるのかいつも迷う。
  • (31)Are you with me??
    • 世間的にはタオル曲、個人的にはうさきちゃんのラップを堪能する曲。中野限定のタオルを買えなかったことを思い出したら悲しくなってきたので忘れる。
  • (32)RAISE YOUR HANDS
    • Stay Goldで始まってRAISE YOUR HANDSで終わるの、アルバムと同じなので良い。アルバムがライブのセットリストを意識した流れなので自然っちゃ自然なのかもしれないけど意図的だと思いたい。晏夕ちゃんによる落ちBメロソロパート後の「ずっとずっと会いたかったよ」、復帰して最初のライブでのセリフとして完璧だ。
  • (EC01)DREAMIN'
    • DREAMIN'ワンピで出てきたからには旧振付かと思いきや新振付だった。1番はうさきちゃんがキーボードで伴奏していたのだけれど、本来彼女のパートである「ビルの隙間の」をらこちゃんが代わりに歌った瞬間にep.4のことを、そして2013年から今までのあれこれを思い出してしまって視界が滲んだ。いい曲。
  • (EC02)BRAND NEW STORY
    • 本日2度目のBRAND NEW~。ステージ上とステージ下の区別はきっちりしていてほしい私的にはあんまり好みじゃない振る舞いが落ちBメロで見られて心が痛んだ。こうなるならダイヤモンドは~観たかった。。。

2017年になってからのワンマンライブはセットリストが今ひとつ好みじゃなかったり晏夕ちゃんが怪我でいなかったりで、心の底から「楽しかったー! 最高だ最高!!」と感じられていたかというと正直疑問符がつくのだけれど、この記念すべき中野でのライブは誰に対しても胸を張って言えるくらいに最高パフォーマンスドールで、こういうのを観せられると次はもっと凄いものを期待したくなってしまう。これからもそうやって期待を裏切られたり超えられたりしながら東京パフォーマンスドールを、そして小林晏夕さんをステージの下から観ていたい。初めて観てから3年半、そうやって強く思い続けられる存在がいるのが本当に嬉しい。らぶあんゆ。